ライフハック

【Windows10】特定のサイトにアクセスできないようにする ソフトまとめ【Chrome】

こんにちは、Nogi(@NogiMaga)です!

この記事では

ついネットサーフィンしてしまうからブロックしたい・・・

見たくないサイトをブロックできるものって無いかな?

という方のために、色々なコンテンツ ブロッカーを紹介していきます。

本記事は、このような人にオススメです。

  1. パソコンのネットサーフィンをやめたい
  2. 子どもにネットサーフィンをやめさせたい

この記事で紹介するサービスを使っていただければ、時間泥棒になるサイトやアプリをブロックして、自分がやりたいことに集中することができますよ。

それでは、どうぞ!

コンテンツブロッカーとは?

コンテンツブロッカーで気が散るサイトやアプリを選択的にブロック

コンテンツブロッカーは、特定のサイトにアクセスできないように選択的にブロックしてくれるものです。

無線LANの電源を切ってしまえばインターネットにアクセスできなくすることができますが、流石にやり過ぎですよね?

気が散るサイトだけをブロックできたら・・・と思いますが、コンテンツブロッカーはそれを行うためのものです。

主にブラウザの拡張機能になっているものが多いですが、ソフトウェアになっているものもあります。

また、しかもコンテンツブロッカーによっては、特定の曜日の時間帯だけブロックすることも可能です。

例えば・・・

こんな使い方ができます

・ソシャゲを毎日(あるいは特定の曜日の)▲時~●●時まで起動できないようにしたい

・YoutubeとTwitterを今から3時間見れないようにしたい

・これから2時間ネットに一切接続できないようにしたい

ということができます。

それでは、コンテンツブロッカーをそれぞれ見ていきましょう。

自分に合ったものが見つかるはずです。

Freedom

Freedom(ウィンドウズ、macOS、iOS、アンドロイド)

ほとんどのコンテンツブロッカーは、使用しているデバイスでのみでしか使えないのがデメリット。

しかしFreedomは、すべてのデバイスでウェブサイトとアプリの両方を同時にブロックできます。

必要な数のブロックリストを設定し、ブロックを開始またはスケジュールします。

しかもロックモードがあり、ブロックが有効な間は撤回することを不可能にできます。

欠点があるとすれば、無料版は7回のブロックしか実行できないところでしょうか。

しかし、使い物になるかどうかを確かめるには十分と思うので個人的には気になりませんでした。

個人的にはパソコン用なら最強のコンテンツブロッカーだと思っています。

自分が最終的に行き着いたのは、このFreedomです。

ここに使い方を書いているので、まずは無料でお試しあれ。

【ネットサーフィン防止】Freedom(フリーダム)アプリの使い方を解説【コンテンツ ブロッカー】

続きを見る

Cold Turkey Blocker

コールドターキーブロッカー(ウィンドウズ、macOS)

コールドターキーブロッカーをインストールすると、ブロックするウェブサイトとデスクトップアプリのリストを作成し、ブロックのスケジュールを設定できます。

たとえば、毎日の作業中にSNSや動画サイトをブロックすることができます。

また、ゲームアプリ等を特定の時間帯のみブロックすることもできます。

しかもスケジュールされたブロックが完了するまで、Cold Turkey Blockerをアンインストールすることも不可能にすることもできます。

この類の拡張機能のコンテンツブロッカーはIEのような対応していないブラウザもありますが、

対応していないブラウザを強制終了させる機能が付いているのが良いところ。(※一部例外あり)

また、統計機能が付いていて、自分がどんなサイトやアプリを何時間使っていたかログを見ることもできます。

有料版は3900円ですが、無料版でも割と使えますよ。

【ネットサーフィン防止】Cold Turkey Blockerの使い方を解説&レビュー【コンテンツ ブロッカー】

続きを見る

FocalFilter

ブラウザの拡張機能型のコンテンツブロッカーにも優秀なものがたくさんありますが・・・

別のブラウザをダウンロードしてインストールしてしまえば、ブロックされたWebサイトを開けてしまいますよね?

FocalFilterは、WindowsのすべてのブラウザでWebサイトを制限できるコンテンツブロッカーです。

HOSTSファイルを編集することで特定のサイトからのダウンロード自体をできないようにします。

アプリ自体は、ブロックするWebサイトを選択し、ブロックする期間を設定するだけのシンプルなコンテンツブロッカーです。

ブラウザに依存しない点は強力なのですが、自分で毎回ブロックボタンを押さないといけないところがデメリット。

有料でもいいので、特定の時間帯だけ自動でブロックする機能が付いてほしかったですね。

【ネットサーフィン防止】Focalfilterの使い方を解説&レビュー【コンテンツ ブロッカー】

続きを見る

LeechBlock NG

LeechBlock NGは無料のブラウザベースのウェブサイトブロッカーです。

無料の中では屈指のカスタマイズ性を誇ります。

LeechBlock NGは、ほとんどのブラウザで動作し、無料で気が散らるサイトをブロックすることができます。

ブロックするサイトのリストを作成し、様々な方法で制限することができます。

たとえば、毎日 20 分の YouTube 時間を自分に与えたり、1 時間ごとに 5 分間の Twitter を表示したりすることもできます。

欠点があるとすれば、ブラウザ拡張機能なので、ブラウザを切り替えることで回避できてしまうところでしょうか。(他のものにも言えますが)

≫LeechBlock NGの公式HPはコチラ

StayFocusd

StayFocusdを使うと、特定のWebサイトの閲覧時間を制限できます。

時間を無駄にするページ(ソーシャルネットワーク、動画サイト、ニュースサイトなど)のリストを作り、それらの閲覧時間の上限を設定できます。

上限に達すると、ページが見れなくなるようになります。

パソコン用コンテンツブロッカーの中でもかなりの古参で、知名度も断トツかと思います。

自分も学生時代のときに使っていました。

≫StayFocusdの公式HPはコチラ

まとめ

さてコンテンツブロッカーをいくつか紹介してきましたが・・・

もし本気でネットサーフィンを辞めたいと思っているのであれば、Freedomというコンテンツブロッカーがオススメ。

自分は最終的にFreedomを使っています。

詳しい説明や使い方は下の記事で説明していますので、コチラもどうぞ。

【ネットサーフィン防止】Freedom(フリーダム)アプリの使い方を解説【コンテンツ ブロッカー】

続きを見る

インターネットは良いところもあれば悪いところもあります。

とはいえインターネットを切り離した生活をするのは困難ですので、時間泥棒になるサイトをシャットアウトできる生き方を模索する方が良いでしょう。

それでは、生産性の高い人生をお楽しみください。

以上、コンテンツブロッカー・フィルタリングソフトまとめでした!

-ライフハック